事務所紹介

ご挨拶

ビジネス領域では,つとにグローバル化が進展しておりますが,近年では,法律・会計・税務の各制度が相互に関連して企業の意思決定に影響を与えています。法律と会計・税務の業際化は,これまで企業再編(M&A)の分野がその最前線でしたが,国際財務報告基準(IFRS)第15号「顧客との契約から生じる収益」をコンバージェンスした新しい「収益認識に関する会計基準」(日本基準)により,日常的な企業法務の分野全般へとその裾野を大きく広げています。

こうした時代にあって,企業法務を担う専門家の取扱分野は,国内取引にとどまらず,国際取引,海外展開・撤退など広く国際ビジネスにまで及び,また,法的紛争の予防だけではなく,収益認識(財務・業績)や税務上の有利・不利も考慮して,企業の意思決定に助言することが求められており,これらを支援する専門家も業際化の時代に入っています。

私どもは,企業の意思決定を支援するパートナーとして,企業を取り巻く時代の変化に対応したサービスを提供し,広く情報発信していくことにより社会に貢献するという理念の下にたゆまぬ努力を続けて参ります。

事務所概要

設立 2017年3月
代表 弁護士・公認会計士 片山 智裕
所 在 地 〒108-0014
東京都港区芝5-26-20 建築会館4階
Tel 03-6453-6337(代表)
Fax 03-6453-6338
URL http://www.katayama-lawyer.jp/

アクセス

事務所地図

地下鉄都営浅草線利用の場合
「三田駅」A3出口より徒歩約2分
地下鉄都営三田線利用の場合
「三田駅」A3出口より徒歩約2分(A7出口より徒歩約4分)
JR線利用の場合
「田町駅」西口出口より徒歩約4分

※建築会館のエントランスに入って左の事務棟(建築博物館併設)にお入り下さい。
自動扉から入って正面にお進みいただくと,エレベーターがございます。

ロゴ

~本からアイデアが生まれる~
先人の知見を学び,着想し,また,社会へ還元する。
私どもの業務への姿勢をイメージしております。

所属弁護士

片山智裕(かたやまともひろ)
弁護士(第二東京弁護士会)・公認会計士

略歴

1994年 司法試験合格
1995年 東京大学法学部卒業
1997年 東京地方裁判所裁判官任官
2003年4月 裁判官退官,弁護士登録,本間合同法律事務所入所
2003年10月 中央青山監査法人入所(~2007)
2007年5月 公認会計士登録,本間合同法律事務所パートナー(~2017)
2017年3月 片山法律会計事務所開設

弁護士・公認会計士片山智裕の取り扱い分野などの詳しい紹介は,こちらのページをご覧下さい。

菊地正登(きくちまさと)
弁護士(第二東京弁護士会)

略歴

2001年 早稲田大学法学部卒業,司法試験合格
2003年 弁護士登録,本間合同法律事務所入所
2009年8月 留学等のため渡英,University of Southampton L.L.M(法学修士)コース・ワーク参加
2010年10月 法律事務所Hill Dickinson L.L.P(ロンドン事務所)にて勤務研修
2012年2月 英国弁護士(ソリシター)資格試験MCT試験合格
2012年6月 帰国,本間合同法律事務所パートナー(~2017)
2015年6月 日本弁護士連合会の中小企業海外展開支援弁護士(現職)
2017年3月 片山智裕弁護士とともに片山法律会計事務所開設

弁護士菊地正登の取り扱い分野などの詳しい紹介は,こちらのページをご覧下さい。

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください 片山法律会計事務所 03-5570-3270 月~金 9:30~18:30 メールでのお問い合わせ
相続・事業継承プロフェッショナル