報酬

弁護士報酬

法律相談:30分あたり10,000円(税抜き)

初回法律相談により事件を受任したときは、法律相談料は、受任した事件の報酬(着手金)に含めますので、実質的に無料となります。


事件受任:基本的に、着手金・報酬金方式または時間制(タイムチャージ)方式を採用しております。

着手金・報酬金方式

【訴訟事件】
経済的利益の額着手金報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の部分 5% 10%
3000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

上記を基準に、事案の性質や難易度によってご依頼者と協議して定めます。
調停事件及び示談交渉事件、契約締結交渉、民事保全、民事執行その他の事件は、片山法律会計事務所報酬規程に基準があります。
顧問契約を締結している場合は、基本的に一定割合の減額をしております。

時間制(タイムチャージ)方式

1時間あたり30,000円~50,000円を基準に、事案の性質や難易度によってご依頼者と協議して定めます。
顧問契約を締結している場合は、基本的に一定割合の減額をしております。

顧問料

法律顧問と法律会計顧問を問わず、月々50,000円から、標準的な相談時間の段階に応じてご依頼者と協議して定めます。法律会計顧問の顧問料は、法律と会計を通算して標準的な相談時間の段階が変わらなければ、法律顧問と変わりません。

よくある質問

Q

時間制(タイムチャージ)方式でお願いする場合、上限はないのでしょうか?

A

原則としては上限はありませんが、見積もりによる固定額でのご相談も承ります。

Q

着手金と報酬金の割合を変えることはできますか?

A

事案の性質や難易度にもよりますが、ご依頼者と協議し、報酬金の割合を大きくする代わりに着手金を小さくすることもあります。

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください 片山法律会計事務所 03-5570-3270 月~金 9:30~18:30 メールでのお問い合わせ
相続・事業継承プロフェッショナル