法律会計フォーラム

2016.04.21更新

2016年4月21日号(「公正な価格」を考える6号)
弁護士・公認会計士 片 山 智 裕

1 株式(企業・事業・経営資源)の客観的な価値に影響を与える要因
 では,株式(企業・事業・経営資源)の客観的な価値にはどのような要因が影響するのでしょうか?
日本公認会計士協会編「企業価値ガイドライン(改訂版)」(日本公認会計士協会出版局/2013年・24~26頁)では,以下のとおり,企業価値の形成要因,企業価値の評価にあたって考慮する要因をリストアップしています。
2 企業価値形成要因
一般的要因(1)社会的要因
     (2)政治状況
     (3)経済政策・景気対策
     (4)法令
     (5)景気動向
業界要因 (1)属する業界のライフステージ(創成期・成長期・安

       定期・衰退期)

     (2)業界の組織再編の動向

     (3)類似上場会社の株価動向
     (4)同業他社の経営戦略転換
     (5)同業他社の業績変化
企業要因 (1)業種,業態及び取引規模
     (2)対象会社のライフステージ(創成期・成長期・安

       定期・衰退期)
     (3)経営戦略や経営計画とそれらの達成状況
     (4)収益性
     (5)財政状態
     (6)配当政策
     (7)経営,営業,技術,研究等の特異性
株主要因 (1)株主構成(株主の集中,分散の状況)
     (2)株主関係(同族関係,支配株主関係,一定の株主グ

       ループの形成状況)
     (3)株式の種類と発行状況(普通株式,種類株式)
     (4)取引後の株主構成の変化
     (5)取引数量(全量,大量,中量又は少量)
     (6)過去における売買の事例(株式の流動性の状況)
     (7)株式譲渡制限の有無

投稿者: 弁護士 片山 智裕

2016.04.11更新

2016年4月11日号(「公正な価格」を考える5号)
弁護士・公認会計士 片 山 智 裕

株式(企業・事業・経営資源)の価格
 取引の対象が株式や企業,事業,経営資源であっても,この価値と価格の関係は常に成立します。ここでも「主観的な」価値と表現するのは,取引の対象が株式や企業,事業,経営資源であっても,当事者によって目的物のどこに価値を感じるかは様々であり,目的物以外の要素に価値を感じて取引することもあるからです。例えば,買収会社は,その社会的な信用・評価(レピュテーション)も考慮し,対象会社自体にはほとんど価値がないとみている場合であっても,企業支援や救済を目的として組織再編を実行することもあります。もちろん,当事者間で交渉し,価格が合意に至ったのであれば,当事者にとっての主観的な価値がどうだったかは詮索する必要のないことです。
 しかし,裁判所に価格決定の申立てをするのは,当事者間で価格の協議が成立しなかったためですので,当然ながら,価格が成立していません。このような場合に裁判所が決定する公正な価格は,当事者が感じる主観的な価値を考慮すべきではなく,あくまで目的物自体の客観的な価値に着眼して,次の範囲内で,経済合理性に従って公正な価格を探求すべきであるといえます。

 

株式の価格

投稿者: 弁護士 片山 智裕

2016.04.01更新

2016年4月1日号(「公正な価格」を考える4号)
弁護士・公認会計士 片 山 智 裕

1 価格と関係のある価値の概念
 「価格」は,実際の売り手と買い手の間で合意に至る(べき)ものであり,同一の目的物であっても,交渉する当事者によって異なって成立するので,売り手が誰か,買い手が誰かという視点を切り離して考えることはできません。そのため,価値には様々な概念と種類がありますが,「価格」と一定の関係を有する価値概念は,実際の売り手と買い手に即して算定する「売り手にとっての価値」と「買い手にとっての価値」にほかなりません。
 そのほかにも,コントロール・プレミアムや非流動性ディスカウントは,一定の評価法で算定した「価値」から「価格」に転換するときに介在させる価値概念として「価格」と関係を有しますが,この点は後に述べます。
2 モノの価格
 世の中で取引されるモノの「価格」は,「売り手にとっての価値」と「買い手にとっての価値」との間で,常に以下の図のような関係が成立します。モノの価格は,売主が考えている主観的な価値以上で,買主が考えている主観的な価値以下で成立するといえます。この関係式で,「価値」という用語の前に「主観的な」という修飾語を付したのは,人によって目的物のどこに価値を感じるかは様々であり,目的物以外の要素に価値を感じて取引することもあり得るからです。

 

価格と価値の関係

 

 

 

投稿者: 弁護士 片山 智裕

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください 片山法律会計事務所 03-5570-3270 月~金 9:30~18:30 メールでのお問い合わせ
片山法律会計事務所