セミナー

2018.04.07更新

株式会社TKC 主催

 

”契約への適用”から”実務”まで

「収益認識に関する会計基準」対応のポイント

 

日本の会計基準として,収益認識に関する初めての包括的な基準となる「収益認識に関する会計基準」。その影響は,法務(契約),会計,税務面と多岐にわたります。そこで,本セミナーの前半では,契約に関わる法務の観点から実務上の留意点や経営上取り組むべき課題について,後半は実務上の対応準備について導入プロジェクトの進め方など事例を交えて解説します。

 

第1部 収益認識基準対応のための契約実務と経営課題

    講師 片山法律会計事務所 弁護士・公認会計士 片山智裕

第2部 収益認識基準対応のための導入プロジェクトの進め方

    講師 有限責任監査法人トーマツ アドバイザリー事業本部

第3部 収益認識基準対応時の連結決算上の留意点

    講師 株式会社TKC

 

【東京会場】

開 催 日 2018年5月22日(火)13:30〜17:00

開催場所  ベルサール飯田橋駅前

      東京都千代田区飯田橋3-8-5

      住友不動産飯田橋駅前ビル1・2F

定   員 300名

【名古屋会場】

開 催 日 2018年5月29日(火)13:30〜17:00

開催場所  ミッドランドホール

      愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1

      ミッドランドスクエア オフィスタワー5F

定   員 60名

【大阪会場】

開 催 日 2018年5月28日(月)13:30〜17:00

開催場所  ホテルモントレグラスミア大阪

      大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3

定   員 140名

 

第1部 講 師

  片山法律会計事務所

  代表 弁護士・公認会計士 片山智裕

《略歴》

1994年 司法試験合格

1995年 東京大学法学部卒業

1997年 東京地方裁判所裁判官任官

2003年 裁判官退官,弁護士登録,本間・小松法律事務所(現本間合同法律事務所)入所,中央青山監査法人入所

2007年 公認会計士登録,本間合同法律事務所パートナー

2017年 片山法律会計事務所開設

《著作》

 「収益認識の契約法務」(中央経済社2017年)

 「連載 IFRS適用で変わる契約書第1回~第5回

 (『会社法務A2Z』2017年3月号~7月号)

 「HOT/COOL Player 新しい収益認識基準の焦点となる”契約”と法務の役割

 (『NBL』No.1114  2018年1月15日号)

 「特集2 新・収益認識基準 契約法務の対応

 (『ビジネス法務』2018年3月号)

受 講 料

無料

お申し込み方法 

こちらからお申し込み下さい。  

投稿者: 弁護士 片山 智裕

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください 片山法律会計事務所 03-5570-3270 月~金 9:30~18:30 メールでのお問い合わせ
片山法律会計事務所